新たな門出である結婚式を終え、日常に戻ったおふたりの生活に素敵な『ハレの日』の思い出が
日常に差し込む光になってほしい。
そんな想いで『HARE to KE』を立ち上げました。